2学期も成績が低迷する人の特徴は?

廿日市市の中学校では、1学期末テストも終わり、そろそろ結果が出て来ると思います。

結果に対して、「どう向き合っていけばいいのか」とか、「大切なのは分かっている夏休みをどう過ごしたらいいのか」とか、よく耳にする内容だと思いますが、あえて体験に来られた親御さんとよくお話しすることを書いていきます。

2学期以降の成績は、通常、同じ学習習慣、同じ勉強方法で、夏休みの課題も同じようにやっていたのでは上がりません。特に、英語と数学は1学期より下がると思います。(但し、オール4以上のほとんどのお子さんは自分で成績をあげることが出来ます。)

それは、夏休み中に英語・数学の復習に取り組まないという事です。

英語・数学は積み上げ式の教科ですから、苦手単元が1つでも出来てしまうと、その後の単元も苦手になってしまいます。

例えば中1で習う「be動詞」が良くわからなければ、それ以降の英語の成績は低空飛行を続けるでしょう。

そして、中1で習う「比例・反比例」が分からないままなら、中2の2学期に習う「一次関数」は理解できないと思います。

ですから、過去に習った英語・数学の単元の中で、苦手分野が1つでもあるなら、まずはそれを夏休み中に復習していきましょう。

英語・数学の復習を後回しにしてしまうと、

・2学期以降も成績は上がらない

・高校受験に対応する力がつかない

という苦しい展開になってしまいます。

つまり、中3生にとっては、英語・数学を復習するのは夏休みがラストチャンスだという事です。

今回を逃せば、英語・数学にじっくりと向き合う時間が取れなくなってしまうので、英語・数学の復習を最優先で進めて下さい。

第一に、学校からの夏休みの課題をしっかりやり、休み明けテストでいい成績をとれるようにすることが大切です。

そして、学校の課題で、中学に入って今まで習ったことの復習が十分できるか、また、自分の弱点単元を見つけて、それを克服できるか、を判断して下さい。このことが自分で(家族の協力も含め)出来るのであれば、塾や家庭教師は必要ないと思います。(高校受験3年は別ですが)

“どの教科から復習すべきか?それをよく意識して、夏休みの40日間を過ごしていきましょう。