中学2年生の冬休みが重要

 街にはイルミネーションが灯り、早くもクリスマス装飾で華やかになってきました。

そんなクリスマス時期ですが、教育上、意識しておきたいポイントは「冬休みの過ごし方」です。
 
特に中学2年生の冬休みについて書いておきたいと思います。

中2生の冬休みのポイントは、「目標意識」です。

「定期テストや小テストがあるから・・・」という短期的な理由で勉強するのではなく、
1年後の高校受験を「意識」して勉強を始めることです。

なんとなくでも行きたい高校がある人は、なるべく具体的に自分の高校生活をイメージします。

明確にイメージができないなら、学校パンフレットを手にしてみればよいでしょう。

イメージが鮮明であればあるほど、「未来へ向けて勉強をがんばる意識」が心の中に深く根付きます。

この意識付けは、入試日まで戦うための具体的なエネルギーになってきます。

今やっている勉強は、高校受験のための始まりだという意識

が12月になっても芽生えそうにないならお気軽にショウインへご相談ください。

ショウイン式学習法とコーチング指導を通して、意識改革はもちろん、弱点補強・総復習を徹底して行って参ります!

期末テスト後の勉強が大切です

中学生は、もうすぐ期末テストがあります。

その後3年生は、受験に向けてのラストスパートなので、ほとんどの人が勉強中心の生活を送ることになります。

しかし、1,2年生は、ほとんどの人が逆に、勉強以外のこと(遊びや部活・・・)中心になってしまいます。

イベントも多いし、仕方のない部分もあると思いますが、この期間の過ごし方で大きく成績が変ります。

1学期の期末が終わってから、計画的な夏休みの過ごし方ができなかった人は、2学期の中間で成績が下がった人が多いと思います。

当塾では、1学期期末テストが悪く、夏期スクーリングで、しっかり基礎からの復習をし、5教科で88点上げた塾生もいます。

期末テストの後から、夏休み、冬休み、春休みの間は、もう一度基礎から見直すもっともいい時間です。

今は、期末テストに向けて集中してがんばる時ですが、その後も大切にして下さい。

当塾でも冬期スクーリングなどで、個別に計画をたて、実施していきます。